自分が働く地域の地理に詳しくなる

ドライバーは地理に詳しくなければいけない仕事

タクシードライバーやトラックドライバー等いわゆるドライバー系の仕事は、自分のペースで仕事ができる、人間関係のストレスを受けにくいなどのメリットがあり、人気の仕事でもあります。ただし「ドライバーの仕事がしたい」と考えている人全てが向いているとは限りません。ドライバーの仕事にも必要なスキルや適性があり、例えばその一つに地理に詳しいか詳しくないかといった点もポイントとなります。そもそも自分が働く地域の地理について全く知らない状態では、スタート時点から苦労する事になります。道に迷ってしまうと荷物を届けるのが遅れたり、タクシーの乗客に必要以上な運賃を支払わせる事になり、会社に文句を言われてしまう可能性もあります。

地理に詳しくなるには

ドライバー未経験者であれば、誰もが最初は地理に詳しくないものです。ただし最初は道を知らなくても、早く覚えていこうという意欲が必要です。いつまでも覚える気が無ければ、何年働いてもドライバーとしてのスキルはアップしません。 地理に詳しくなるには、まず研修の際に先輩ドライバーに積極的に質問していく事です。研修制度が充実している会社なら、早く一人前のドライバーになって欲しいという考えがあるため、新人からの質問にも丁寧に対応してくれます。そして研修が終わった後は、とにかく道を走って慣れていくしかありません。休日もドライブがてらナビを頼りに色々な道を走るようにすると、無理なく自然に頭に入っていきます。またナビだけに頼るのではなく、地図を眺める癖もつけておくと、地理感覚も養われて仕事でも役立ちます。

運送業の求人数は、年々増加しています。ネット通販やテレワークの拡大によって、自宅で商品を購入する人が増えているためです。