トラックドライバーの仕事内容

長距離ドライバーは取引先の企業に荷物を届けることが中心となる

トラックドライバーの仕事内容は、勤務先の事業内容や営業エリア、顧客の数などに大きく影響されるため、職場選びをする時にはじっくりと求人票やウェブサイトを確認することが重要です。たとえば、長距離ドライバーは取引先の企業のもとへ荷物を送り届けることが中心となり、長時間の運転に耐えられる人や、高速道路の走行の経験が豊富な人が必要とされています。また、荷物の量が増える時期は、なかなか思い通りに休日を取れなかったり、渋滞の影響で拘束時間が長くなったりすることもあります。そうした中、体力面に配慮しながら長距離ドライバーの仕事を続けるには、適度に休暇を取得できるところや、従業員数に余裕があるところを就職先に決めることがポイントです。

宅配ドライバーは個人宅へ荷物の配達やセールスを担当する

スーパーマーケットや配達業者などに勤める宅配ドライバーは、個人宅への荷物の配達をする他、時期によってセールスを担当することもあります。また、顧客から荷物を預かったり、クレーム対応を行ったりする場面もあるため、常に丁寧に接遇ができる人や社会経験が豊富な人が求められています。宅配ドライバーの採用や人材育成に力を入れている事業所の中には、運転技術だけでなく対人コミュニケーションやビジネスマナーに関する教育を行ったり、若手のドライバーを対象にマンツーマンの指導をしたりしているところもあります。そこで、宅配ドライバーの仕事を始めるうえで、採用後の主な仕事内容と具体的な研修について把握しておくと良いでしょう。

運転手の募集とは、広く呼びかけて自動車やバイク、電車、フォークリフト、その他の乗り物を運転することができる人を集めることです。