タクシードライバーの仕事内容

基本の仕事はお客さんを無事に目的地まで運ぶこと

タクシードライバーの基本となる仕事は、「乗客を安全に目的地まで運ぶこと」です。タクシーに乗った人から目的地を具体的に聞き出して、そこまで安全運転で連れていきます。タクシー会社から無線で居場所について指示を受けたり、駅や商業施設などの近くの乗り場で待ったり、自分で公道を走りながらタクシーが来るのを待っている人を見つけるなど、お客さんを獲得する方法は様々です。

目的地に到着したとき、お客さんからはタクシーから降りる前に料金を徴収します。あつまった料金収入は、1日の乗務が終了してタクシー会社に戻ったときに納めます。全ての乗務員から回収した売り上げが、タクシー会社のその日の収入となり、一部が各ドライバーに支払う給料にあてられます。

乗務以外にはどのような仕事があるのか

タクシードライバーの乗務以外の仕事としてまず挙げられるのは、使用する車両のメンテナンスです。1日の乗務を開始する前に車両の点検を行って異常がないことを確認し、乗務終了後は洗車を行って車体を綺麗にします。乗務員によって連日長時間使用されるタクシーは、一般の乗用車と比較すると部品の劣化や消耗品の減り具合が早く、コンディションが悪化しやすいです。常に安全にお客さんを運ぶことができる状態を保つために、日々の点検や定期的な整備は怠りなく行われています。

また、タクシー会社が行っている事業に関連した業務には、ドライバーの担当になっているものが少なくありません。例えば、介護タクシーにおける自力で乗り降りができない乗客の手伝いや、観光タクシーにおける名所案内や現地での同行は、いずれもタクシードライバーの大切な業務です。

ドライバーの派遣は、正社員の経験がなくても仕事に必要な免許があれば採用されやすく、働きたい曜日や時間帯を選択しやすいといった魅力があります。